スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


開花状況

バラの開花状況。連休中からアンジェラとつるアイスバーグが、アーチの上で溢れんばかりに咲き誇っている。勝手口のローゼンドルフシュパリーズホップも順調にたくさんの花を開かせている。花もちがいいので、切花にして一輪挿しにしている。フェンスのモーツァルトは、小さなピンクの花がちらほら咲き始めた。和室坪庭のゴールデンシャワーズは、黄色の八重を1つ咲かせたが、日陰なので花つきが悪い。同じく洗面所横のバフビューティも日陰で蕾はいくつかつけているが、まだ開花していない。アスピリンローズはアブラムシで蕾が傷んでいたが、今はきれいな白い花を咲かせている。お風呂坪庭のロイヤルサンセットは大輪のオレンジの花を咲かせ、かなり見応えがある。パーゴラのポールズヒマラヤンムスクが先週末から咲き始め、いい香りも漂っている。我が家で唯一の一期咲きであるが、小さな八重の薄ピンクの花が一気に咲く様子は素晴らしい。コクテールは連休前から一足先に駐車場横の花壇の塀の壁で満開状態。同じ場所の白バラである新雪は、今年も灰色かび病にやられている。このバラは失敗。

鉢植えの真っ赤なハイビスカスと紫のブーゲンビレアを、ココマと庭と出し入れしている。ハイビスカスは1日花だが、次から次へと蕾をつけてくれる。妻の鉢植えのサフィニアも花数が増えた。先日地植えしたランタナとカリフォルニアローズも少し成長し、いくつか花を咲かせている。ミリオンベルは土が悪かったのか成長今一つ。かのんがオマケでもらったインパチェンスは象さんプランターで順調に花数を増やしている。真っ赤なゼラニウム、宿根したナデシコ、ガザニアも花数が減らず重宝している。もう少ししたら、ルリマツリやノウゼンカズラが咲くだろう。
Category : 癒しの植物


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。