スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モッコウバラ

mokkoubaraリビングとダイニングに連続する屋根つきウッドデッキと、和室のサッシの間の坪庭。ここは三角のスペースなのだが、すぐ横の歩道との境界をレッドロビンの生垣にしようと思っていた。最近あちこちの家で、レッドロビンの新芽がとても鮮やかだ。でも少しドギツイし、生垣の幅が1mになると、狭い坪庭がさらに狭くなるので圧迫感を感じ、そこに植えるナンキンハゼも引き立たなくなる。

そこでアルミのフェンスにして、つる性の植物を絡ませるのもいいかと思うようになった。モッコウバラは、初心者でも育てやすく、バラのくせにとげがなく、環境にも強いので、いいのではないかと思う。優しい黄色の八重の花は、春に潤いを与えてくれるだろう。剪定や管理はレッドロビンより手間がかかるかもしれない。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。