スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雀の掲示板

昨日は朝から晩まで一日中雨だった。注文していたバラ苗が届いた。日当たりの悪い洗面所前にバフビューティ、主庭の片すみにアスピリンローズを植えた。

古くなった雑穀米を庭に置いていたところ、雀がひっきりなしに遊びに来るようになった。木の枝にとまったり、グランドカバーの中をかくれんぼしたり、4,5羽の雀がすっかり慣れてしまったようだ。雀の掲示板にでも載ってしまったのか、好評のようだ。

注文していた赤い譜面立てが来た。960円で作りはしっかりしていた。持ち運ぶわけではないので、むしろ重ためでよかった。バイオリン教室では、来年1月の発表会の曲の一つである、レオポルド・モーツァルトの「おもちゃの交響曲」を3人で合わせた。

「篤姫」を観て、それから「N響アワー」を観た。ブルーノ・レオナルド・ゲルバーのピアノで、ベートーベンの「ピアノ協奏曲第3番」。短調と長調の大きな違いはあるが、「ヴァイオリン協奏曲」と雰囲気や展開が似てるので好きだ。個人的にはいかにもベートーベンらしくて日本人好みと思われる第1楽章が好みだが、9歳の頃からこの曲をレパートリーとしているゲルバーは、第2楽章こそ味わいがあると語っていた。難聴で苦しんだ作曲家の感性を、小児麻痺のハンデがありながら、「通訳として聴衆に忠実に伝える」役割を、十分に果たしている熱演だったと思う。
TrackBack : 0
Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。