スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シルク・ドゥ・ソレイユ

昨日家族3人で行った「ドラリオン」の興奮が未だ醒めやらない。シルク・ドゥ・ソレイユのショーを観たのはこれが始めて。「アレグリア」や「サルティンバンコ」も観に行けばよかった。福岡公演の6月15日が日本公演終了のようで、早くも東京では来年の「コルテオ」のチケット販売が開始されるそうだ。いつ練習してるのだろう。福岡は再来年くらいになると思うが、また必ず行こう。

会場は箱崎宮外苑に建てられた特設ドーム。移動に何千人も動員したという。席はS席9000円。一番両端のブロックだけど、ステージを囲むようになっていて、あまり正面にこだわる必要はないようだ。でも前から6列目で間近に観れて迫力があった。平日なのに満席だった。かのんは膝の上で飽きずにずっと観てた。

オリエンタルな衣装、踊り、舞台、音楽。その妖しい雰囲気の中で行われるサーカス。大勢の人がバックで礼拝していたり、民族的な踊りをしている女性が舞台を縦横に走り回り、舞台の上からシャーマンのような女性が見守り、獅子舞みたいな想像上の生き物であるドラリオンが動き回る中で、超人的な技が息をつく暇もない程繰り広げられる。天井から吊り下げられた男女が舞う姿がとても美しかった。時々間に入るメタボオヤジ達のコメディもいいスパイスになっていた。

一歩間違えれば大事故にもつながりかねない、命がけのパフォーマンスで、私達を感動させてくれた彼らに感謝。

それはそうと、釜山のロッテショーが1年前に閉館してしまったらしい。テーブル席で食事をしながら観るラスベガススタイルのショーのことをふと思い出し、検索して知った。なかなかそういうスタイルのシアターが日本になく、釜山ならいつでも行けると思ってたので、とても残念だ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : その他


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。