スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


合同練習

20080111今月20日の発表会に向けて、この前の日曜日にヴァイオリンとチェロ、二胡の合同練習があった。個人で弾く時と違い、自分のパートに入るところや、間違った時に態勢を立て直すところなどが、とても難しいのに気づいた。ヴァイオリンの人にはヴァイオリンのパートの楽譜というように、それぞれのパートの楽譜しか渡されてなくて、音源もなかったので、合奏してみて初めてその曲の全体像を知ったのだ。

具体的には移弦を伴う部分で、隣の弦に触れて雑音が混じること、ヴァイブラートをしてると知らず知らずキーが上がってしまうこと、練習中省略して音符の長さを短くしていたこと、右指を怪我してるので、ピツィカートでまごついてしまうこと、指揮者(先生)の方とヴァイオリンの方を半々に見るのに慣れてないことなど。これらは練習の量でまだまだカバーできる。

あと10日もないが、練習あるのみ。連休中の予報は雨で、絶好の練習日和になりそうだ。

写真はお風呂の坪庭。クロチク、サツキ、ソヨゴ、ヒイラギナンテン、アオキ、コクリュウ、オタフクナンテンなど。
TrackBack : 0
Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。