スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


晩秋の庭木たち

200711291
やさしい感じのアカシデの葉は葉数が少なくなり、寂しい秋空になびいている。今年の芽吹きは5月だったかな。最初のが枯れたので、昨年10月に植え替えてもらったのだが、水を遣りすぎたので、芽吹きが少し遅かったので、根腐れを心配していたところだった。枝には来年の春に備えて芽がたくさんついている。

200711292
モミジバフウの苗は葉が真っ赤になっていて、大木になったらさぞ見応えがあるだろう。隣の公園予定地の空き地は雑草が草もみじの薄いピンク色になっている。

200711293
ザクロの木はすべて葉が明るい黄色になった。来年はオレンジの花が咲くだろうか。キッチンの窓の目隠し用にエアコン室外器の横に植えている。

200711294
カエデの一種、ハナノキの苗。確か岐阜県のどこかの市の木。苗が届いたときスス病にかかっていたが、何とか治癒。まだまだ頼りなく細く、葉も小さい。春先の赤い花は近くの街路樹で見たことがあるが、紅葉しているように見えた。紅葉は赤から黄色と苗に個体差があるそうだ。これは黄葉しそうだな。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。