スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エリザベスタウン

200706072005年の映画「エリザベスタウン」を見た。オーランド・ブルーム演じるドリューは、製靴会社のプロジェクトで大失敗し、会社を首になる。自殺を考えていたところに、父の訃報を知り、父の田舎へと向かう。その街で立ち直っていく姿を描いた映画・・・らしい。

自殺を企てるシーンや、父の死後の田舎の様子、葬儀の模様などは、他人事のように全くシリアス感がない。再生していくといっても、何か大きな転機があって、希望に満ち溢れるエンディングというものでもない。しかしアメリカ映画らしく、底抜けに明るく、終始ほのぼのしている。

父の故郷エリザベスタウンに向かう飛行機の中で、ドリューが知り合ったキャビンアテンダントのクレア。その後も先回りするようにして、執拗にドリューに誘いをかける。その彼女の様子がおしゃれで、キュートで、とても癒される。最後の方で、クレアが作ってくれたロードマップとBGMのCDで、ドリューが旅する場面も好きだ。この映画の評価は、退屈だとか、色々意見の別れるところではあるが、個人的にはとてもよかった。

クレア役のキルスティン・ダンストは、ドイツ系の顔立ちで、あまり日本人受けしないという意見もある。スパイダーマンとか他の出演作品は見てないが、この映画に関しては、個人的にとても彼女自身の魅力が引き出されていると思う。特に飛行機の中での、お節介すぎて陽気な彼女のシーンがとても好きだ。いいなぁ。もう一度最初から通して見てみたい映画。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : おうちで映画


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。