スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体感的季節

20070321日曜日に風邪を引いてしまった。熱こそ出なかったが、喉の痛みとだるさが強かった。月曜にはいくらかよかったが、昨日のエアロは大事をとって休んだ。いつものT先生も休みだし。

今日は休日が重なったので、1日損した気分だが、今年は5月の連休の時に、本来の水曜休みがムダにならずにすみそうなのでよしとしよう。

自分が子供の時、日本の季節は、暦通りに3月から5月が春、6月から8月が夏、9月から11月が秋、12月から1月が冬と思っていた。しかし温暖化の影響なのか、季節の好みが変わったのか、残念ながらこの均等に割り当てられた季節観を見直さなければならない。

すなわち私が提唱する体感的季節は、12月から3月が冬、4月から5月が春、6月から7月中旬が梅雨、7月下旬から8月上旬が夏、8月中旬から11月が秋。嫌いな季節が長く感じてしまうものだ。季節学会あるいは季節フォーラムといったものがあるとするならば、立派な根拠をつけてこの説を唱えるだろう。3月になっても寒い日が続いているので、こんなことを考えてみた。とんでもなく寒い春なのではなく、3月は冬に成り下がったのだ、と考えれば気持ちも楽になるかも。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : その他


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。