スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「日本はなぜここまで壊れたのか」

20061130日本とイギリス半々で生活する著者マークス寿子氏が、イギリスと比較しながら日本の直面するいろいろな問題に鋭く切り込む。少子化と子育て、家庭の崩壊、犯罪の多発、男女の葛藤、意見の言えない大学生、老人問題など。

伝統を重んじるイギリスの制度や習慣がかならずしもいい面ばかりとは思わないが、著者は極めて客観的に、日本で起こったごく最近の事件などもとりあげながら、日本の危機的状況に警鐘を鳴らしている。

歪んだ男女共同参画、お金や偏差値でしか評価されなくなった社会。そこでは子供とお年寄りが犠牲になる。「国家の品格」と同様、筆者の指摘することに納得いく部分が多く、すらすらと読んでしまった。
TrackBack : 0
Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。