スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風の歌を聴いてれば

20061023私も期待していたのだが、残念ながらノーベル文学賞を取れなかった村上春樹氏。そのデビュー作は「風の歌を聴け」でしたが、今年初めて読みました。

そうかこういうことだったのか。菊花賞は伏兵のソングオブウインドが、鮮やかな差し切り勝ちでした。エルコンドルパサー産駒最後のクラシック。今後が楽しみです。サムソンは3冠ならず残念でした。距離は問題なさそうですが、短縮だと巻き返しが楽しみです。

今年の3歳がJCや有馬に出走するかわかりませんが、ディープとハーツの対決に、レコード菊花賞馬や大逃げ馬、堅実連対馬、2冠馬がどう絡んでくるのか、想像しただけで見ごたえありそうです。
TrackBack : 1
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

風の歌を聴け風の歌を聴け(かぜのうたをきけ)は村上春樹の小説。本稿で記述する。日本のバンド (音楽)|バンド、オリジナル・ラヴが1994年にリリースした4thアルバム。----『風の歌を聴け』 (かぜのうたをきけ) は、村上春樹の第一作となる長編小説。群像新人文学賞を受
2007/12/08(土) 14:42:47 | 文学・古いものから今まで

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。