スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1973年のピンボール

pinball村上春樹著「1973年のピンボール」を読んだ。3部作の2作目。何かに没頭できた青春の一時期を過ぎて、誰もが大なり小なり陥るエアポケットのような時期。

そういう時期を叙情的感覚で綴られた物語とは知りつつも、それでも状況設定や比喩表現がよく理解できない部分が多い。”僕”がピンボールに熱中していた時代を懐かしみ、虚無感に浸っているのがテーマなのか、”鼠”はなぜ希望をなくし街を出ようとしたのか、今ひとつよくわからない。

この作品は前の「風の歌を聴け」、後の「羊をめぐる冒険」、その続編の「ダンス・ダンス・ダンス」などの作品群と比べると、読後感などが少し印象が薄いと思う。
TrackBack : 0
Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。