スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風の歌を聴け

kazenouta村上春樹氏のデビュー作「風の歌を聴け」を読んだ。すぐに読み終わる薄い本。しかし彼の小説をある程度読んだ今、このデビュー作を読むと驚かされる。それはデビュー作の作風が、その後の多くの彼の作品に脈々と受け継がれていたからである。しかも彼は現代の若手人気作家に多大な影響を及ぼしたとも言われている。

彼の小説は、時々独特で変である。理解困難な比喩や場面、会話が突然出てきたりして、読者はしばしば置き去りにされる。主人公はいつも醒めている。描いてあるのは何でもない退屈な日常生活での場面が多い。結局何を言いたかったのかよくわからないことも多い。デビュー当時、その時代に登場した作品としてはとても異色なものであったに違いない。
TrackBack : 0
Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。