スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カワカミプリンセス

countertable無敗のオークス制覇、カワカミプリンセスだった。オークスの予想は見るも無残の惨敗。本命のヤマトマリオンは折り合いよく、好位につけていたが、みるみる沈没していった。

キングへイロー産駒がここまで強いとは正直言って思ってなかった。現役時代の父キングへイローは、周りの期待が大きいわりになかなか勝てず、とうとう短距離の方に価値を見出して最後に高松宮記念を制した。走ってる時の頭の位置が高く、あまり速そうなスタイルではなかった。要するに個人的にあまり好きではなかったのである。その産駒が2世代目にしてオークスの距離をこなすとは思ってもなかった。

2着のフサイチパンドラもここまで立て直してくるとは驚きである。しかし桜花賞の上位組が全く歯が立たなかったのは不思議でない。距離、コースの形態、ペースが全く違うからである。だから(負け惜しみに聞こえるが)オークスはGⅠの中でも予想するのが面白いレースの一つだ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。