This Archive : 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風との格闘

予報通り25日の夕方から一晩中、22日を上回る強風が我が家を容赦なく襲った。西南西から北西の風に変わった。土曜の夕方に帰宅した時、既に風が強まりつつあったが、強風にあおられて額に負傷しつつも何とか防風ネットの補強が間に合った。風の音で夜中に目が覚めて朝まで眠れなかった。ココマも吹っ飛びそうだった。一般的には風速30m/sくらいまで耐えられるとされているが、我が家の条件は、もはや一般の条件には当てはまらない。朝には風は弱まっていたが、直径25mmの鉄製の支柱が折れ曲がっていた。しかし全力を尽くした甲斐があり、カシの木の若葉はほぼ無傷。今年の春嵐はこれで許してくれるのだろうか。来年の春は更に支柱を強固にし、アンカーボルトに固定しよう。

つるバラのロイヤルサンセットがお風呂の坪庭で開花。浴槽に浸かった位置から、オレンジ色の大輪を、真正面から見ることができる。つるアイスバーグが、アーチにおさまりきれず、シュートがたくさん伸びるので、家の壁面に這わすことにした。新雪が開花しそうだが、蕾が少し赤くくすんだ色をしている。強風の影響か、またカビにやられつつあるのか。そろそろ薬剤を噴霧しよう。

昨日花苗を買って鉢に植えた。私はカリブラコアの「ミリオンベル」。妻はペチュニアの「サフィニア」。ともにサントリーが開発した品種。他にランタナを3株地植えした。

昼にココマでたこ焼きをしてワインを飲んだら、寝不足だったので急に眠気が来た。かなりたこ焼きを焼く技術が上達した。

今年のゴールデンウィークは、水曜日が元々休日である私にとって、最悪の曜日配列だ。普通の週末に毛が生えたような感じ。でも当番もなく、近年暦どおりに休めるのはそれだけでありがたい。ちなみに昨年は最高の配列だった。世の中には16連休の人もいるそうだ。テレビでは曜日の配列がとてもいいとも言っている。29日の水曜祝日の前後の平日、強引に有給をとれることを前提にした話なのであろう。しかしこのご時世、長く休暇を取れるのは景気の悪い会社ぐらいなのでは。休暇明けに会社がなくなってた・・ということも。

結局まだETCをつける予定はない。休日はここぞとばかりに、半ば強迫観念にも似た、以前の遠出願望は、今は微塵もない。歳を取って疲れやすくなったためか、腰痛のためか、全天候対応のココマで満たされたためか、ガーデニングで忙しいためか、魅力のある目的地がないためか。
スポンサーサイト
Category : 庭にて


強風

4月12日に中腰で草むしりした影響で、翌日から腰痛が悪化し、朝布団から起き上がるのに数分かかるくらいだった。以来エアロは休んでいる。ヴァイオリンの練習も腰がだるくてしばらく中断し、レッスンも1回休んだが、19日は行けた。

4月15日ココマにシマトネリコの鉢を置いたら、あまりの暑さに葉焼けし、植物の室内常設はあきらめた。締め切ったらこの季節で60℃くらいに上昇する。花台を置いて、戸外の花鉢や水鉢を在室時に限ってローテーションすることにした。ココマでマグロステーキをして食べた。

4月19日家族で門司港へドライブ。新門司の海岸から白野江植物公園へ。ボタンが満開だった。その後古い商店街を散策し、路地の店でうに丼を食べた。昔住んでいた古い社宅は健在だった。風師山に登ろうと思ったが、かのんが疲れたので帰った。

4月21日から風が強くなり、22日は朝から晩まで台風級の強風が吹き止むことはなかった。カシの木が若葉に生え変わった直後だったので、葉が散り散りになり、少なからず影響を受けた。去年も4月の下旬に泣く子もだまる嵐が吹き荒れて散々なめにあった。今週末もまた強風が予想される。高さ塀上2m、幅5mの防風ネットを張り、少しは足しになったかと思うが、もう少ししっかりしたものにしよう。4月下旬は嵐の季節。我が家ではそう認識している。一昨年は5月中旬まで強風が続いた。

最近かのんが「ママは家の中にいていいから」と制し、私が自転車通勤するのを一人で玄関前で見送ってくれる。先の角を曲がるところまで、手を振り続けてくれる。幸せだなぁ。

バラの開花状況。数日前にローゼンドルフシュパリーズホープが開花。昨日コクテールが開花。今朝アンジェラが開花した。ロイヤルサンセットも開花間近。そして一番の楽しみは、桜の開花に例えられる、一季咲きのポールズヒマラヤンムスクがパーゴラの上でどんな咲き方をするか。今年は株がまだ貧弱だが、来年はかなり見応えがあるだろう。アスピリンローズ、モーツァルト、新雪、つるアイスバーグも順調。バフビューティとゴールデンシャワーズは日陰なのでまだ茎が細い。11種のバラの管理は、これから病害虫との戦いで手がかかる。

メトロキャンドルやロマネチも今年は芽吹きが早い。ニセアカシヤは去年の除草剤の影響を受けて、芽吹きが今ひとつで、思い切って剪定した。ミツバツツジも除草剤の影響で2個しか開花しなかったが、生きているだけマシだ。

22日テニスをした。コートは我が家ほど風は吹いてなかった。以前県大会だったか、どこか大きい大会で優勝した経験のある70代のMさんという方に、よかったらご一緒しませんかと誘われ、今回から1つのコートで3人でテニスの練習をすることになった。我々夫婦のレベルに、最初は愕然とされたと思うが、とてもきめ細かく指導してくださって、楽しかった。あちこちに返すので、ほとんど玉拾いみたいなことをさせてしまった。ごめんなさい。妻は「足が速く素質がある」と言われ、気をよくして、俄然やる気が出たようだ。
Category : その他


画像なし

今日は快晴。テニスをして、他は一日庭で過ごした。これから植物が活動を始める季節なのであるが、かのんがカメラを落として壊してしまったので、これから画像とは無縁の生活に入る。たとえいくら性能がいいカメラであっても、耐衝撃性がないとただのおもちゃ。
Category : その他


桜花賞

ブエナビスタ軸不動で文句なし。チューリップ賞はタイムこそ平凡だが、最後方から徐々に進出し、逃げ粘るサクラミモザを一瞬にして交わす横綱競馬は鳥肌もの。
2番手にクイーンCで惜しくも2着に入ったダノンベルベール。
サクラミモザがどこまで粘るかにもよるが、ブエナビスタ1着軸で2着ダノンの馬単1点買い、または2着ダノンとミモザの馬単2点買いか迷うところ。
Category : 競馬ひとこと


入園式

200904061
今日はかのんの入園式だった。とてもおとなしくしていた。

200904062
ザクロの赤い新芽が出てきた。

200904063
バラのアーチがこんもりと。

200904065
アオエンジュの芽吹き。

200904066
コニファー群。

200904066
ハナノキ。

200904067
ガザニア第一号。


庭掃除

200904051
今日は久しぶりのいい天気だった。世間では高速1000円でお出かけムードだが、まだETCもつけてなく、庭の草むしりなどして庭の整理をした。家から一歩も出なかった。かのんとずっと一日庭で過ごして、いささか疲れた。明日は入園式なので、仕事は午後からになっている。ジューンベリーが満開。和室の坪庭でライトアップしてあげたら、夜ほんのりと白い花が浮き立った。移植前と比べると日当たりは少し劣るが、土質は格段にいいので、この場所で満足してくれるだろう。

200904052
玄関前のクルメツツジがぼちぼち開花。日陰でも結構咲いてくれるので重宝している。

200904053
同じく玄関前のクロモジやヒュウガミズキは花が終わり、若葉が展開してきている。
Category : 庭にて


花見バイキング

20090401今日みたいな荒れた天気の日には、毎年恒例の、ホテルクラウンパレスのランチバイキング。「アンシャンテ」のお花見ランチバイキングは我が家の行事3年連続となった。桜の季節は、雨・風・寒さはつきもので、好条件に恵まれる方がマレ。近年天気は最初から期待しないことにしている。結果的にこの快適なお花見が自ずと3年連続になったのは、この季節は天候に恵まれなかったということを物語っている。かのんは今年まで無料だった。開店時間の10分前に入り口まで行くと、「少し席でお待ちいただきますが」と、入店1番乗りだった。

食べ過ぎた後は、申し訳程度に運動をした。近所の小高い山、確か「城山」という山に登った。頂上はソメイヨシノやサトザクラが満開だった。

朝と夕方に北風を伴う雨が降った。クヌギが枯れた。雑草を減らすために除草剤を撒いたのであるが、その影響で不覚にもクヌギまで枯れてしまった。和室の坪庭で、結構いい感じで育っていたのに残念。掘り返したら、堅い土なのに、意外と根が張っていた。当初真夏に何本もの樹を、外構業者2人に植えてもらった。想像するに、条件を考慮すれば、土を掘るのは浅くて済ました可能性が高い。ここに外構業者と造園業者の差が出る。それでもクヌギは深いところに頑張って根を張っていたし、深い根があるにもかかわらず、除草剤の影響を受けたことになる。今度土を改良して、コナラを植えよう。


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。