This Archive : 2008年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHKドラマ

斉彬が建白書を出したことで、「篤姫」の時代が動き出した。今年も、はや上半期が終了。しかし今年のマイベストヒットは「篤姫」に決定したも同然。今年いっぱい楽しめそうだ。

なにげなく観てた土曜のNHKドラマ「監査法人」も面白そうだ。1,2回目を逃したのは残念だが、全6回。医師、弁護士モノのドラマは星の数ほどあるが、公認会計士というのには馴染みがない。この地味な職業にスポットを当てた人間模様。高度成長期からバブル期、バブル崩壊後と、時代が移り変わる中で、「ぬるまゆ監査」と「厳格監査」の会計士たちがぶつかり合い、日本経済の大きなうねりの中に巻き込まれていく。

このドラマのチーフプロデューサーが言うように、公認会計士と企業の関係は、医師と患者の関係に置き換えて観ていくとわかりやすいが、粉飾を見逃した会計士が逮捕されるというのは、どう置き換えるべきか?

NHKドラマはキャスティングがいいので、最近よくハマる。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : テレビの所感


散々な春GⅠ

20080629宝塚記念は勝負根性でゴール前もってくれたエイシンデピュティだった。サムソンもそれなりに頑張った。ロックドゥは下馬したが大丈夫か?アサクサはもう少し勝ち負けくらいに絡むかと思ったが。ワイド1点当たったが元がとれなかった。

ここのところ夜勤の仕事を望んで入らせてもらってるので、金曜の朝以来の帰宅。明日も夜勤の予定。今日は昼間一瞬陽が差したが、またすぐ雨になった。夜はヴァイオリン教室。この2週間は比較的練習したので、みんなと合わせて弾くのが楽しみだ。

庭で雀がぐったり仰向けになって倒れているのを発見。わずかに飛べるので羽を怪我しているわけではなさそうだが、どうしたのだろう。このままでは猫などに食べられてしまうので、とりあえず室内へ。少し慣れたのかエサと水を摂るようになった。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


宝塚記念

明日の宝塚記念は雨で馬場のコンディションが悪そうだ。とはいっても抜けた道悪巧者がいるわけでもなさそうで、サクラメガワンダーとロックドゥカンブ辺りが実績があるくらい。メガワンダーには2200は長い。ロックは有馬4着の実績があり、目黒記念で一叩きされ、怖い存在ではある。

メイショウサムソンは有馬記念、大阪杯と凡走が続いたが、天皇賞(春)は好走し、今までの実績から外せない。このレースで例年強いのが4歳馬。今年はアサクサキングスが最も期待している4歳馬。中距離仕様に筋肉増強している模様。

距離が未知だが、渋った馬場に差し馬達が足を取られている間に、ひょっとしたら逃げ切ってしまう可能性のあるエイシンデピュティ。金鯱賞から宝塚へサイレンススズカのようにあっいう逃げを見せてほしい。

結論。当たっても配当が期待できないが、春最後のGⅠは、ロック、サムソン、アサクサ、エイシンの4頭ワイドBOXで。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


梅雨空の一日(2)

今日も雨。ずっと家で過ごした。金使わなくていいよ。

200806251修景バラのアスピリンローズが開花。1997年に製薬会社のバイエル社がアスピリン発売100周年を記念して作らせたバラ。アスピリンのイメージに合うような、白く強いバラをと。ナントカ賞を受賞。


200806252去年咲かなかったノウゼンカズラの株に赤い花を予感させる蕾が。咲いてみてのお楽しみ。


200806253センダン”ロマネチ”3号(手前)と、移動式花壇のパーゴラに次々と咲くピンクノウゼンカズラ。


200806254ニセアカシア”フリーシア”。1年ちょっと前は数十センチだった背丈が・・・マメの木恐るべし。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


ムーングロウの生長

「篤姫」が半分終わった。高視聴率を維持しているのも頷ける。スタッフの演技力、視聴者を引きつける構成。それに最近演奏しているメンバーの顔がいくつか思い浮かぶ、N響が奏でるオープニングのテーマ曲。

数回前から読ませていただいているブログ、”ぱるぷんて海の家”には、毎回共感できる番組への鋭い突っ込みがあって、月曜の楽しみの1つになっている。

200806231早朝の玄関前マユミとムーングロウ。


200806232ビャクシン系の中でも、ムーングロウは半日陰の方がいい感じの青白い色になる。名前の由来がわかる気がする。


2008062331年半前のムーングロウ。生長は遅いが、ブルーエンジェルなどと比べ、枝が緻密でボリュームが出るのが特徴。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


梅雨空の一日

200806221ピンクノウゼンカズラが開花。移動式花壇のパーゴラにたくさんの蕾をつけている。ネットで普通のノウゼンカズラを注文したつもりが、ピンクの苗だった。ピンクは本来の中国産と異なり、南アフリカ産。その分耐寒性に乏しいが、暖地なら露地植えも可能とのこと。コンテナ栽培しているが、花つきもよく、芽吹きのアブラムシに気をつけるくらいで、特に問題はない。やさしい感じのピンクも感じがいい。株は本来種に比べ小ぶり。


200806222雀たちに好評だったので、鉄製のバードフィーダーを2個ネットで購入。ショップは伊万里市の片隅にある”すみれの散歩道”というところだった。手書きの絵で使用説明してあった。アラカシの下に吊り下げて2日経ち、ようやく認知されたようだ。つがいの雀が来て、いつももう片方の雀に口移しで食べさせている。自分で啄ばめないのだろうか?それとも卵の妊婦?


200806223昨日が夏至だったが、雨雲に覆われていたので、日の長さを実感できなかった。主庭の緑が濃くなり、鬱蒼としてきた。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


梅雨どきのカラーリーフたち

200806201センダン「ロマネチ」3号は、ウッドデッキに木漏れ日を作るべく、その存在感を増している。軟らかい新芽は4月の強風で痛み、歯が抜け落ちるように新梢ごと脱落してしまったが、6月になると、1年枝の強度が増し、安定した枝になる。しかし新芽はナメクジにとって格好のサラダ。根元にナメトリンを撒く毎日。梅雨の時期にこそ必要な薬。濡れると薬効が落ちるのは、改善して欲しい。


200806202ナンキンハゼ「メトロキャンドル」1号も新芽が冷たい北風で痛むのと、ナメクジの被害に遭うのと、ようやく今の時期から枝葉が安定し、生長期に入るのと、性質が似ている。葉が明るい黄色なので、遠景で黄色い花が咲いたように見える。
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 癒しの植物


雀の掲示板

昨日は朝から晩まで一日中雨だった。注文していたバラ苗が届いた。日当たりの悪い洗面所前にバフビューティ、主庭の片すみにアスピリンローズを植えた。

古くなった雑穀米を庭に置いていたところ、雀がひっきりなしに遊びに来るようになった。木の枝にとまったり、グランドカバーの中をかくれんぼしたり、4,5羽の雀がすっかり慣れてしまったようだ。雀の掲示板にでも載ってしまったのか、好評のようだ。

注文していた赤い譜面立てが来た。960円で作りはしっかりしていた。持ち運ぶわけではないので、むしろ重ためでよかった。バイオリン教室では、来年1月の発表会の曲の一つである、レオポルド・モーツァルトの「おもちゃの交響曲」を3人で合わせた。

「篤姫」を観て、それから「N響アワー」を観た。ブルーノ・レオナルド・ゲルバーのピアノで、ベートーベンの「ピアノ協奏曲第3番」。短調と長調の大きな違いはあるが、「ヴァイオリン協奏曲」と雰囲気や展開が似てるので好きだ。個人的にはいかにもベートーベンらしくて日本人好みと思われる第1楽章が好みだが、9歳の頃からこの曲をレパートリーとしているゲルバーは、第2楽章こそ味わいがあると語っていた。難聴で苦しんだ作曲家の感性を、小児麻痺のハンデがありながら、「通訳として聴衆に忠実に伝える」役割を、十分に果たしている熱演だったと思う。
TrackBack : 0
Comment : 0


バラのアーチとコスモス

20080612昨日は午前中からしとしと雨が降り始めた。梅雨らしい雨の1日。家でゴロゴロした。ジューンベリーの熟した実を食べに、スズメから大きい鳥まで、いろんな鳥が何度も遊びに来た。しまいにはスズメも慣れてきたのか大胆に居座り、すぐそばのバードバスで水も飲んでいた。かのんに、「来年も実を残しておこうね」と言った。来年も無農薬にしよう。鳥のエサ箱もつけようかな。害虫も食べてくれたらビオトープが安定するだろう。今朝はさわやかな青空。いたたまれない気持ちで出勤。

注文してたバラのアーチが来たので組み立てた。1ヶ月くらい待った。先に届いたオベリスクがフニャフニャでちゃちかったので、激安相応だなと思っていたが、アーチはゴシック調でそれなりに重厚感があったので及第点か。相変わらず今度もネジの不良品があった。

勝手口から主庭に抜ける通路に設置し、つるアイスバーグとアンジェラの苗を植えた。キッチンの窓からバラが見える位置でもある。とりあえず寂しいので、アサガオとクレマチスの苗も植えたが、クレマチスの生長はバラより遅いかも。去年のこぼれ種のコスモスがいつのまにか咲いていた。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


いよいよ入梅か?

20080610今日の夜からこの先ずっと雨マーク。いよいよ鬱陶しい第五の季節がやって来た。「もっと光を!」梅雨、強風、蚊。リビングガーデンに憧れる日本人にとって、その風土から、イギリスのコンサバトリーがもっと普及してもいいのでは。

写真はまだ葉っぱだけのヤマアジサイ。蕾が数個。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : その他


ウォッカの貫禄勝ち

安田記念はダービー以来の不振のうさを晴らすかのようなウォッカの圧勝に終わった。ウォッカとアルマダとグッドババの3頭BOXにすればよかった。本命のグッドババはレース前から嫌な予感がしていたが、全く見せ場なくブービー。ウォッカが最大の宿敵ダイワスカーレットと激突する日が楽しみだ。

土曜日はかのんと近くの海岸をサイクリング。家の築2年点検。特に問題なし。オベリスクに「ローゼンドルフシュパリースホープ」を植えた。昨日も家でのんびりした。半年毎のウッドデッキの塗装をした。バラ苗「アスピリンローズ」と「バフビューティ」を追加注文した。

パーゴラのノウゼンカズラが開花し始めた。蕾多数。
200806091


グランドカバーのイワダレソウの花。
200806092


ネムノキ「サマチョコ」。
200806093
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


新雪

20080605灰色カビ病で致命的な打撃を被った「新雪(CL)」が、病気を克服して、見事な純白の花を咲かせた。蕾がピンク色がかってなかなか開花しないなと思ってたら、片っ端から腐ってしまったので、泣く泣く蕾を切り戻ししたのだった。その後も多くのベーサルシュートが出て、そのうちのいくつかに新しい蕾がつき、ようやく今年初めて開花したのだった。今日は運悪く、朝から突然の雷雨と強い北風に見舞われていた。バラの花の形は、「新雪」のような剣弁高芯咲きの花が好きだ。枝はやや硬めで誘引しづらいのが難。四季咲きとされているので、秋までちらほら咲いてくれるのだろう。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


シルク・ドゥ・ソレイユ

昨日家族3人で行った「ドラリオン」の興奮が未だ醒めやらない。シルク・ドゥ・ソレイユのショーを観たのはこれが始めて。「アレグリア」や「サルティンバンコ」も観に行けばよかった。福岡公演の6月15日が日本公演終了のようで、早くも東京では来年の「コルテオ」のチケット販売が開始されるそうだ。いつ練習してるのだろう。福岡は再来年くらいになると思うが、また必ず行こう。

会場は箱崎宮外苑に建てられた特設ドーム。移動に何千人も動員したという。席はS席9000円。一番両端のブロックだけど、ステージを囲むようになっていて、あまり正面にこだわる必要はないようだ。でも前から6列目で間近に観れて迫力があった。平日なのに満席だった。かのんは膝の上で飽きずにずっと観てた。

オリエンタルな衣装、踊り、舞台、音楽。その妖しい雰囲気の中で行われるサーカス。大勢の人がバックで礼拝していたり、民族的な踊りをしている女性が舞台を縦横に走り回り、舞台の上からシャーマンのような女性が見守り、獅子舞みたいな想像上の生き物であるドラリオンが動き回る中で、超人的な技が息をつく暇もない程繰り広げられる。天井から吊り下げられた男女が舞う姿がとても美しかった。時々間に入るメタボオヤジ達のコメディもいいスパイスになっていた。

一歩間違えれば大事故にもつながりかねない、命がけのパフォーマンスで、私達を感動させてくれた彼らに感謝。

それはそうと、釜山のロッテショーが1年前に閉館してしまったらしい。テーブル席で食事をしながら観るラスベガススタイルのショーのことをふと思い出し、検索して知った。なかなかそういうスタイルのシアターが日本になく、釜山ならいつでも行けると思ってたので、とても残念だ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : その他


ドラリオン

シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」福岡公演に行ってきた。よかったー、とてもよかった。家に帰ってもまだ感動の余韻に浸ってる。
TrackBack : 0
Comment : 0


安田記念

20080603GⅠ前半戦もいよいよ終盤。PAT口座は減少の一途をたどっている。さて今週末は安田記念。

昨年同レース7着だった香港のグッドババが、5連勝の勢いにのって巻き返しを狙っている。例年外国馬は地の不利があるので割り引くが、それを考慮してもこの勢いに逆らえないだろう。同じく香港のアルマダもグッドババの2着。マイルの7戦連対率100%と安定した成績で、押さえが必要。昨年の覇者ブリッシュラックはさすがに年齢の衰えを感じる。

迎え撃つ日本勢。この距離ならウォッカに大いに期待。その次にスズカフェニックスとスーパーホーネットが同レベル。

馬券は、ババとアルマダ香港2頭軸のウォッカ、スズカ、ホーネット3頭流しの3連複。それにババとウォッカ2頭軸のアルマダ、スズカ、ホーネット3頭流しの3連複。計6点で。

写真はお風呂坪庭のサツキ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


入梅前の平凡な週末

200806025月最後の土曜日は、家族で近所と海岸をサイクリングして回った。夕方には我が家では珍しく、焼肉屋さんで外食した。

昨日の日曜も風はあったが比較的いい天気だった。朝早く、宗像市鐘崎漁港の朝市に行った。ヤリイカ 1kg 2500円が目を引いた。昔だったら買ったかもしれないが、結局見るだけで帰った。帰りにガソリンを入れたらすごく高くなっていた。家に帰って庭で食事して、窓を全開にしてても虫が入ってくるようでもなく、とても快適な気候だった。かのんが飽きもせずジューンベリーの実をちぎっては食べていたが、なかなか減らなかった。

午後二島イオンで買い物をして帰った。ダービーの録画を観た。ディープスカイさすが横綱競馬。脱帽。スマイルジャック来たなとほくそえんでいたら、マイネルチャールズが4着でワイド逃した。クソ武ブラックシェルめ。でも実力を発揮できずの3着ならこの馬もそこそこ強いのだろう。

昨日の篤姫は今までで一番面白かったので2回繰り返して観た。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。