This Archive : 2008年04月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皐月賞決めた

20080416今週末は皐月賞。桜花賞同様混戦とみた。弥生賞もスプリングSも決してレベルは高くない。

桜花賞が大荒れだったので、ヤケになって超穴馬狙いでいこうかと一瞬思ったが、冷静になった今ショウナンアルバ、スマイルジャック、フローテーション、マイネルチャールズの4頭ワイドBOXで行くことに決めた。

展開は絶対に絶対にスローだ。逃げると思われるノットアローンも、少頭数の若葉Sでスローペースを演出し、何とか逃げきった。頭数が揃ったここでとても逃げ切るとは思えない。でも何が何でも逃げるという馬でもなく、これといった逃げ馬がいないので、スローに違いない。そこで先行押し切り型で安定した走りをするスマイルジャックとマイネルチャールズは人気通り上位にくるだろう。SSの血が流れているのも心強い。

スプリングSはややスロー。ショウナンアルバが引っかかって作り出したペースだが、最後自滅してしまった。折り合いが鍵だが、前々走の共同通信杯は溜めた脚で好位差しの完勝。この走りが再現できれば。そのスプリングSでスマイルジャックに迫る切れ脚を見せたのが、フローテーション。中山でもう1ハロン距離があれば、1着になりそうな勢いがあった。このレース特に期待している馬。

東スポ杯のフサイチアソートも気になるが、久々でも前走弥生賞で負けすぎ。きさらぎ賞のレインボーペガサスも気になるが、この馬も中山は向いてないのかも。最も悩ましいのは人気の1頭ブラックシェル。距離得意で34秒台の末脚と鞍上。しかし出遅れたのか、きさらぎ賞の7着が不可解だ。クロフネ産駒は今まで期待した以上の結果に終わったためしがない。記憶に新しいところでオディール。もう懲りた。人気の割にリスクあり。

写真はクリプシー。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 競馬ひとこと


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。