This Archive : 2008年04月07日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


卒業

20080407重松清の「卒業」を読んだ。100ページ前後の短編4話。親や友人の死をどう受け止め、乗り越えていくかというテーマ。このタイトルの「卒業」とは、”身近な人の死をようやく受け入れることができた時”と言い換えてもいいと思う。

著者があとがきでこう述べている。思い出を持たない「卒業」は寂しい。それには物語の中に、長い年月を生きてきたという厚みを練りこむ必要がある。許す・許されるという構図を持たせる。始まりを感じさせる終わりを描く。最初から著者が意図した目論見もあるし、4編が1冊になってから気付いた構図もあったという。そういう視点で読み返すともっといいかも知れない。

個人的には最後の「追伸」が一番泣けた。この本はAmazonのレヴューでも多くの読者の好評を得ているようだ。読後、親子・家族を見つめなおし、温かな気持ちにさせてくれる物語を、これだけたくさんの短編に描くことのできる作家はそうそういない。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0


スカーレット

200804072このところ休みの日に悪天候、仕事の日に好天という悪い周期にすっかりはまってしまっていて、鬱がひどくなっている。

昨日の大阪杯は、ダイワスカーレットがセーフティーリードまではとらず平均ペースであったものの、直線からの力強い伸びで牡馬を寄せ付けない根性を見せた点で、改めて女傑であると感じた。強すぎる。世界の舞台で成績を残して欲しい。

アサクサキングスは久々でもいい勝負。これからGⅠでも活躍するだろう。マーガレットSは観てないが、ファリダットが圧勝したようだ。マイルCと短距離で人気するだろう。今後も注目。

今週はいよいよクラシックの開幕、桜花賞。混戦模様だが馬券妙味がありそうだ。

写真は大濠公園のシダレヤナギ。
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 競馬ひとこと


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。