This Archive : 2006年12月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最終章

20061221今週末いよいよ有馬記念、ディープのラストランです。ディープが有終の美を飾って引退式を迎えるか、今年もまさかの有馬記念で騒然となるか。敗れるとしても2着でしょう。3着以下は余程のことがないと想像できないし、引退式の日に最終レースで不甲斐ない結果に終わったタイキシャトル以上にガッカリするでしょう。

負かすことが出来る馬という点から検討した結果、3歳の2頭、とりわけドリームパスポートとメイショウサムソンを候補に挙げたいと思います。瞬発力勝負になると苦しく、この秋は凡走が続いてますが、粘り強さが要求されるレースなら、メイショウサムソンに挽回の余地があると思います。ドリームパスポートは無冠の最強3歳馬だと思います。今度は最多勝利記録を打ち立てた内田ジョッキーに乗り代わりで縁起がよさそうです。JCを使った疲れが残ってないかが気になるところです。

3歳ではあとアドマイヤムーンですが、秋は結果がついてくるようになり、前走は凱旋門賞2着馬のプライドの2着と健闘してます。しかし距離未経験であり、やはり2千まででしょう。

ダイワメジャーはこのところ快進撃が続いていて、怖い存在ですが、やはり距離がどうかと思います。スイープトウショウは一時期の切れが見れなくなった気がします。中山初コースとなればなおさら割引でしょう。コスモバルクもそう変わり身があるとは思えません。

メルボルンCの2頭は少し気になります。デルタブルースは距離は長い程よさそうだし、オーストラリアの馬場がよく合ったのでしょうか。外国で見違えるように成績を上げた馬が、そのまま日本でも好調が持続するとは限らない。コスモバルクもそんな感じです。でもやはりデルタにとってもう少し距離があったほうがいいでしょう。ポップロックの一発はあるかも知れませんが、今回は手を出さないでおきます。

結論:ディープ1着から、2着ドリームパスポートとメイショウサムソンの2頭に流しと、ディープ2着からの逆目。以上馬単4点で。

写真はコルムテシマ。珍しい名前の、神秘的な深い海のような蒼色のコニファーを見つけました。店の人に聞くと、名古屋の生産とのこと。右奥はエメラルド(スマラグ)。右手前はグロボーサオーレア(ゴールデングローブ)。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : 競馬ひとこと


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。