This Archive : 2006年12月18日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


硫黄島からの手紙

iojima忘年会の帰りに映画「硫黄島からの手紙」を観た。クリント・イーストウッド監督で、日本側から見た硫黄島での悲惨な戦闘を描き、反戦を訴える作品。

残念ながら、個人的には映画として期待してた程ではなかった。今年初めに観た「男たちの大和」の方がまだストーリー性があって涙が出た。最近家で観た「ヒトラー最期の12日間」もつまらなかったが、追い詰められ、自決する淡々としたシーンは何となく似ていて、本当の切迫感をあまり感じなかった。戦闘シーンだけは迫力があった。俳優の言葉が聞き取りにくいところが多かった。日本兵や捕虜のアメリカ兵の家族との手紙も想像していたようなものであった。

自分が戦争体験者ではないので感動が薄いというわけではなく、やはりこの映画の出来自体が今一つだったのではないかと思う。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 2
Category : その他


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。