This Archive : 2006年03月22日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローズヒル

rosehill湯布院へ1泊旅行。昨日は何とか天気がもったので、久住を回って宿へ。途中地鶏の炭焼きを食べて「そらいろのたね」でパンを買ってというのがお決まりのコースに。着いた頃から雨が降り出した。部屋に露天風呂がついていたので、気兼ねなくゆっくりできた。宿は周りを杉林に囲まれた静かなところだった。宿の名前の通り、もみじが多く植えられていた。宿の人たちはみんな感じがよかった。道沿いも久住も、枯れた葉っぱを残したままのクヌギ林が優しい色に包まれていた。庭の植木をヒメシャラからクヌギかコナラに変更しよう。

今朝もまとまった雨が降っていたので、天ヶ瀬の「ローズヒルあまがせ」へ立ち寄った。毎週火曜が定休日だが、昨日が祝日だったため、今日は振り替えの休園日だった。しかし無理を言って入園させてもらうことに。ここには150品種2000株のバラが、温室で管理されている。

モッコウバラはなかったが、家のフェンスに絡ませて生垣にしたいと言うと、とても親切にバラの育て方を教えてもらった。5m長さのフェンスだと2株くらいで十分だそうだ。茎を水平に誘導すると、茎のどの部分からも芽が出るようになるとは不思議だ。肥料や水を与えすぎてはいけない。植えるときに根っこをほぐすのはいいことだが、ほぐすと大抵新しい小さな根をかいでしまうのでとても注意をしなければいけない。花を楽しむのはいいが、根の成長を優先するならば、花や蕾の成長に費やされるエネルギーを節約するため、せっかくの花や芽を取ってしまうことも辞さないなど。
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Comment : 0
Category : 癒しの植物


Profile

はじめ

Link

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © こもれびの庭から All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。